アスタキサンチン 抗酸化作用

スポンサードリンク

アスタキサンチンの抗酸化作用

アスタキサンチンには、強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、体内で生産された活性酸素を除去する働きのことです。

 

酸素呼吸をすると空気から取り入れた酸素の一部が体内で変化して強い酸化力を持つ活性酸素になります。
この活性酸素の酸化力は、肝臓で有害物質を解毒する時や、免疫細胞が体内に侵入した病原菌を補殺する際に大変役立ちます。
しかし、必要以上に生産された活性酸素は、健康な細胞まで攻撃するため、細胞が破壊されて老化が進みます。

 

抗酸化作用のある物質は、これまでにビタミンEやビタミンC、各種ポリフェノールなどが発見されています。
しかし、アスタキサンチンの抗酸化作用は、ビタミンEの数百倍と言われ、最も強力な抗酸化物質の一つと考えられています。
サケが川の流れに逆らって遡上するための代謝エネルギーや、サケの卵であるイクラの保護と幼魚の生育などは、みなアスタキサンチンの働きによるものと言われています。

 

細胞膜の一部が活性酸素によって破壊されると、DNAが傷付いて肌の老化が進んだりさまざまな疾病を発症するリスクが高まります。
本来は、体に有益な存在である活性酸素ですが、現代では排気ガス、食品添加物、ストレス、オゾン層破壊による紫外線の増加などが原因で人体が必要とするよりはるかに多い量が体内で発生しています。
自分の体を攻撃して傷つける活性酸素を除去するには、アスタキサンチンのような抗酸化物質を積極的に摂るのが有効です。

スポンサードリンク

アスタキサンチンの抗酸化作用関連ページ

アスタキサンチンとは
アスタキサンチンとは鮭やカニ、エビなどの海産物に多く含まれる赤い色素のことを言います。カロテノイドの一種であり、強い抗酸化作用を持っています。
発見と歴史
アスタキサンチンの発見と歴史について書いています。アスタキサンチンの効果が人類に知られるようになったのは最近のことですが、太古の昔から地球上の生物を守り続けていたのです。
アスタキサンチンの原料
アスタキサンチンの原料について書いています。アスタキサンチンの原料はヘマトコッカス藻という海藻類なのです。
アスタキサンチンの効果
アスタキサンチンの強い抗酸化作用は、美白や美肌、シミ・シワの改善、視力回復や老化防止などの効果があります。
アスタキサンチンの色
アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持ち、美容と健康、アンチエイジング効果のある為、現在ひじょうに注目されている成分です。当サイトではアスタキサンチンについてわかりやすく説明しています。
アスタキサンチンの副作用
アスタキサンチンの過剰摂取などによる副作用の報告はまだありませんが、他のサプリや化粧品と併用する場合は注意が必要です。
アスタキサンチン配合のサプリ
アスタキサンチン配合のサプリは世界中の美容と健康、アンチエイジング意識の高い方々に注目されています。
アスタキサンチン配合の化粧品
アスタキサンチン配合の化粧品は、今話題になっています。美容と健康を追い求める女性や男性に人気です。

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品