アスタキサンチン 発見 歴史

スポンサードリンク

アスタキサンチンの発見と歴史

アスタキサンチンはさまざまな病気や美容に効果がある成分として最近知られていますが、このアスタキサンチンは、いつごろから知られるようになったのでしょうか?

 

そこで、アスタキサンチンの発見と歴史について少しお話したいと思います。

 

アスタキサンチンは1938年にオーストリア、ドイツの生化学者リヒャルト・クーンにより発見されました。
リヒャルト・クーンは、ミュンヘンで化学の勉強を終え、1922年に酵素の研究により博士号を得た人物です。
そして、1938年にカロテノイド等の研究功績でノーベル化学賞を受賞しています。

 

ですが、アスタキサンチンの歴史はもっと古いようで、太古の昔からアスタキサンチンは地球上の生物を守り続けていたそうです。
それは、約30億年前に地球上に生命が誕生してから光合成をする生物が生まれ、空気中に酸素が多くなり、諸刃の刃である酸素の害から生物の身を守るためにアスタキサンチンは作り上げられたといいます。

 

アスタキサンチンはベータカロテンや、リコピンと同じカロテノイドの一種であり、カロテノイドはカロテンとキサントフィルに分類されます。
アスタキサンチンはキサントフィルに属していたので、ロブスターの学名のアスタカスガンマルスと、キサントフィルからアスタキサンチンと名付けたといわれています。

 

アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、ベータカロチンという言葉ならば聞いたことがあると思います。
これは色素でもあり、基本構造を持つ化合物の誘導体で分子は皮膚からも吸収されます。

 

太古の昔からあるアスタキサンチンの効果はすばらしく、ドイツの生化学者によって発見されたアスタキサンチンの力は本当にすばらしいものです。

スポンサードリンク

アスタキサンチンの発見と歴史関連ページ

アスタキサンチンとは
アスタキサンチンとは鮭やカニ、エビなどの海産物に多く含まれる赤い色素のことを言います。カロテノイドの一種であり、強い抗酸化作用を持っています。
アスタキサンチンの原料
アスタキサンチンの原料について書いています。アスタキサンチンの原料はヘマトコッカス藻という海藻類なのです。
アスタキサンチンの抗酸化作用
アスタキサンチンはビタミンEの数百倍ともいわれる抗酸化作用を持ちます。体を活性酸素から守るアスタキサンチンの強い抗酸化作用は美容や健康の強い味方です。
アスタキサンチンの効果
アスタキサンチンの強い抗酸化作用は、美白や美肌、シミ・シワの改善、視力回復や老化防止などの効果があります。
アスタキサンチンの色
アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持ち、美容と健康、アンチエイジング効果のある為、現在ひじょうに注目されている成分です。当サイトではアスタキサンチンについてわかりやすく説明しています。
アスタキサンチンの副作用
アスタキサンチンの過剰摂取などによる副作用の報告はまだありませんが、他のサプリや化粧品と併用する場合は注意が必要です。
アスタキサンチン配合のサプリ
アスタキサンチン配合のサプリは世界中の美容と健康、アンチエイジング意識の高い方々に注目されています。
アスタキサンチン配合の化粧品
アスタキサンチン配合の化粧品は、今話題になっています。美容と健康を追い求める女性や男性に人気です。

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品