アスタキサンチン 効果 効能

アスタキサンチンの効果と効能記事一覧

アスタキサンチンのアンチエイジング効果

カロチノイドという赤い色素の一種であるアスタキサンチンは、強い抗酸化作用を持ち、老化の原因となる活性酸素の働きを防ぐ働きがあります。一説によればビタミンEの500倍以上の抗酸化力があると言われるほどその作用は強力で、アンチエイジングに効果を発揮する栄養素として注目されています。アスタキサンチンを摂取...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンの美肌効果

アスタキサンチンには強力な抗酸化作用があるため、肌の老化を予防する力に優れています。アスタキサンチンは、食品やサプリから摂取するだけでなく、皮膚に塗って皮膚から直接栄養を吸収できるという特徴があります。そのため、アンチエイジング化粧品としてスタキサンチンを含む美肌コスメが多く発売されています。肌は、...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンのダイエット効果

カロテノイドの一種で魚や甲殻類に多く含まれている赤い色素のアスタキサンチンは、ダイエット効果があるので食生活に取り入れることで皮下脂肪を減らしメタボ体型の改善に効果を発揮します。アスタキサンチンには、体を動かすのに必要なエネルギーを得る時に糖ではなく脂肪を優先的に利用する働きがあります。いくらダイエ...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンの疲労回復効果

年を取ると、若い時より疲れが取れにくくなるというのは誰もが感じる悩みです。精神的疲労と肉体的疲労は一見全く違う疲れのようですが実は原因は共通しています。それは、様々な形の酸化ストレスなのです。一昔前は、疲れを感じるのは、筋肉に蓄積された乳酸だと言われていました。しかし現在では乳酸は筋肉疲労を抑えて有...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンのアレルギー改善効果

アスタキサンチンにはアレルギー改善効果があります。ある物質に対して過剰な免疫反応を起こすことをアレルギーと言います。有害物質を排除するために欠かせない反応ですが、時にはその反応が体に害を与えるほど強く喘息などを発症します。アスタキサンチンが効果を発揮するのは、ヒスタミンが原因のアレルギーです。ヒスタ...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンでストレス対策

私たちは、日頃から排気ガスや放射性物質、オゾンホールによって年々強くなる紫外線など、常にストレスを起こす原因となる物質に取り巻囲まれて暮らしています。それだけでなく精神的苦痛や人間関係のトラブルも強いストレスとなります。例えば、放射性物質を現実に降雨などで浴びることは肉体的ストレスとなり、汚染された...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンで加齢臭対策

アスタキサンチンには加齢臭を抑える効果があります。加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。ノネナールは、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結合して発生します。アスタキサンチンは、ノネナールの発生を抑制する働きがあります。過酸化脂質は、活性酸素が増加するに従ってどんどん増加しま...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンで紫外線対策

アスタキサンチンは、紫外線の悪影響を防御する働きがあるのでUV対策に積極的に利用したい栄養素の一つです。紫外線は、太陽光線の中でも特にエネルギーがあるので細胞組織を破壊させる力が強いのが特徴です。紫外線を浴びると、体内で大量の活性酸素が発生して細胞を攻撃します。そのため、皮膚の組織が老化を早めたり細...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンの脳機能改善効果

アスタキサンチンには脳機能改善効果があるという研究結果が出て話題になっています。実験は、もの忘れの症状を自覚している人たちを、アスタキサンチンを飲むグループと飲まないグリープに分けて行いました。その結果、アスタキサンチンを飲んだグループは認知能力テストの結果が改善したそうです。老化による認知症の発症...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンの動脈硬化抑制効果

アスタキサンチンには、動脈硬化抑制効果があります。健康な動脈はしなやかで柔らかい組織ですが、動脈硬化になると動脈の弾力性が失われて変形します。動脈は、血管を通じて血液に混じった栄養を体のすみずみまで送り届ける役目をしています。動脈硬化が起こると血管の壁にドロドロの脂肪が付着したり瘤(こぶ)が出来て一...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンで糖尿病予防

アスタキサンチンは、糖尿病予防に役立つ栄養素として注目されています。糖尿病は、血中のブドウ糖をエネルギーに変換することができなくなって血糖値が高くなる病気です。糖尿病にかかると糖化タンパクが増加します。この糖化タンパクが体内で化学反応を繰り返して最終的にAGEと呼ばれる物質になる過程で、体内で大量の...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンでがん予防

アスタキサンチンは、カロテノイドという自然界に存在する赤い色素の一種で、あらゆる抗酸化物質の中でも最も強力な働きを持っていることで知られています。抗酸化物質というのは、体に様々な害を与えて老化を早める活性酸素の働きを阻害する働きのことです。活性酸素には強い酸化作用があり、体の組織を酸化して傷つけます...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンの眼精疲労回復効果

アスタキサンチンの眼精疲労回復効果があると言われています。これは、強い抗酸化作用によって筋肉全般の疲れを取る働きと深い関係があります。ものを見る時は、目の水晶体と呼ばれるレンズの部分の厚みを調整して焦点を合わせます。ところがパソコン作業や細かい仕事を長時間続けていると、毛様体筋という水晶体の厚みを調...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンの抗炎症作用

アスタキサンチンには抗炎症作用があります。炎症は病気の兆しのように感じますが、実は体の組織が外部から攻撃された時に自分の体を守ろうとする防御反応です。細菌やウィルスによる感染、アレルギー反応、放射線や紫外線、その他有害物質などによって炎症が起こります。炎症が進行すると、発熱や痛み、膿などを伴い体力が...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンのメタボ改善効果

アスタキサンチンはメタボ改善に効果があるという研究報告が注目されています。この発見のきっかけとなったのが、アディポネクチンという脂肪細胞から出るホルモンの一種です。肥満はアディポネクチンと密接な関係があり、内臓脂肪が溜まるメタボ体型の人はアディポネクチンの分泌量が少ないという相関関係が突きとめられま...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品