アスタキサンチン 動脈硬化

スポンサードリンク

アスタキサンチンの動脈硬化抑制硬化

アスタキサンチンには、動脈硬化抑制効果があります。健康な動脈はしなやかで柔らかい組織ですが、動脈硬化になると動脈の弾力性が失われて変形します。

 

動脈は、血管を通じて血液に混じった栄養を体のすみずみまで送り届ける役目をしています。動脈硬化が起こると血管の壁にドロドロの脂肪が付着したり瘤(こぶ)が出来て一部が狭くなります。

 

動脈硬化が怖いのは、体のあらゆる部位にその影響が出る危険があることです。脳の血管が詰まれば脳梗塞や脳出血、心臓付近の動脈が詰まれば心筋梗塞や狭心症などを発症します。

 

幸い、アスタキサンチンはビタミンAの100倍とも言われる強い抗酸化作用によって動脈硬化を抑制します。動脈硬化の原因物質の一つが酸化LDLコレステロールです。LDLコレステロール自体には害はないのですが、活性酸素によって有害物質に変化して血管の内壁にへばりつき動脈硬化を進めます。しかし、アスタキサンチンなどの抗酸化作用の力によって活性酸素を除去すれば、LDLコレステロールの酸化を防止して血管を若々しく保つことができます。

 

脂肪細胞から分泌される炎症物質であるサイトカインも動脈硬化を発症する原因と言われています。アスタキサンチンには強い抗炎症作用があり、炎症を防ぐ働きをします。このように、アスタキサンチンは多方面から血管の健康を守ってくれます。

 

俳優の藤田まことさんや石立鉄男さんは、いずれも動脈瘤破裂で亡くなられています。動脈硬化は、血管の老化によって私たちの誰もが発症するリスクのある病気なのです。最も身近な病気の一つである動脈硬化予防のために、アスタキサンチンを積極的に摂りましょう。

スポンサードリンク

アスタキサンチンの動脈硬化抑制効果関連ページ

アンチエイジング効果
アスタキサンチンはビタミンEの500倍以上の抗酸化作用を持つためアンチエイジングに絶大な効果を発揮します。
美肌効果
アスタキサンチンは活性酸素の攻撃を弱めて肌の細胞の損傷を抑えて老化を予防し、美肌効果をもたらします。
ダイエット効果
アスタキサンチンには、ダイエット中の脂肪の燃焼を高め、効率良く脂肪を燃焼する体質にする効果があります。美容を考えて痩せたいダイエッターには嬉しいですね。
疲労回復効果
アスタキサンチンは活性酸素の攻撃によって生じる疲労回復に優れた効果があります。その上、疲れにくく体質になって持久力が高まるので、多くのスポーツ選手がアスタキサンチンを栄養メニューに取り入れています。
アレルギー改善効果
アスタキサンチンにはヒスタミンの分泌量を抑制し発生を減少させる効果があります。アスタキサンチンは花粉症やアトピーなどのアレルギー症状改善に効果があります。
ストレス対策
アスタキサンチンはストレスによる悪影響から体を守る効果があります。現在人は特にストレスが多いと言われていますので、アスタキサンチンのような抗酸化物質の摂取が必要不可欠です。
加齢臭対策
アスタキサンチンには加齢臭の原因であるノネナールという物質の発生を抑える作用があります。アスタキサンチンで加齢臭対策を始めましょう。
紫外線対策
アスタキサンチンの強い抗酸化作用が紫外線からお肌を守ります。お肌の老化防止や美容のためにアスタキサンチン摂取を始めましょう。
脳機能改善効果
アスタキサンチンには脳機能を改善する効果があると言われています。認知症やパーキンソン病の症状を改善します。アスタキサンチンはこれからの高齢化社会に益々必要になってきますね。
糖尿病予防
アスタキサンチンの優れた抗酸化作用は糖尿病予防にも効果があります。
がん予防
アスタキサンチンの抗酸化作用は、活性酸素を消滅させることでガン細胞の増殖を抑制する力があります。
眼精疲労回復効果
アスタキサンチンは眼の組織に発生した活性酸素の働きを防御し眼の老化や眼病の発生リスクを低減する働きがあります。
抗炎症作用
アスタキサンチンには抗炎症作用があります。アスタキサンチンの抗炎症効果で病気になりにくい体質を作ることができます。
かゆみ防止効果
アスタキサンチンは、ヒスタミンの発生を抑え、すでに体内にあるヒスタミンを無毒化する作用があるため、アトピー性皮膚炎などのかゆみ防止に役立ちます。
メタボ改善効果
アスタキサンチンにはアディポネクチンの分泌を増やす作用があるため、アスタキサンチンを摂取することでメタボ体質の改善に役立ちます。

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品