アスタキサンチン 紫外線

スポンサードリンク

アスタキサンチンで紫外線対策

アスタキサンチンは、紫外線の悪影響を防御する働きがあるのでUV対策に積極的に利用したい栄養素の一つです。

 

紫外線は、太陽光線の中でも特にエネルギーがあるので細胞組織を破壊させる力が強いのが特徴です。紫外線を浴びると、体内で大量の活性酸素が発生して細胞を攻撃します。そのため、皮膚の組織が老化を早めたり細胞の遺伝子が奇形になって異常な細胞が発生する原因となります。

 

アスタキサンチンは、最も強い抗酸化物質の一つで、その力はビタミンAの100倍もあると言われています。ごく少量のアスタキサンチンで大きな効果を得ることができるのですから、体内で発生した活性酸素の攻撃から肌を守る上でこれほどたのもしい栄養素は他にはありません。

 

充分なUV対策をしないで大量の紫外線を浴び続けると健康に深刻な影響が現れます。シミやシワ、日光が原因のホクロなどが皮膚に発生するほか、腫瘍の原因にもなります。腫瘍には良性と悪性の両方があり、悪性腫瘍は皮膚がんと呼ばれます。日光角化症、悪性黒子(あくせいほくろ)などやがてがんに移行する前がん症状が現れることもあります。

 

肌に現れるトラブルの多くは紫外線の影響によるものです。充分にUV対策を行ってできるだけ浴びないようにするのが一番良いのですが、日中屋外で活動をすることがある限り、100%UVカットをすることは無理かもしれませんね。コスメや食品、サプリなどからアスタキサンチンを積極的に摂取して肌を紫外線から守りましょう。

スポンサードリンク

アスタキサンチンで紫外線対策関連ページ

アンチエイジング効果
アスタキサンチンはビタミンEの500倍以上の抗酸化作用を持つためアンチエイジングに絶大な効果を発揮します。
美肌効果
アスタキサンチンは活性酸素の攻撃を弱めて肌の細胞の損傷を抑えて老化を予防し、美肌効果をもたらします。
ダイエット効果
アスタキサンチンには、ダイエット中の脂肪の燃焼を高め、効率良く脂肪を燃焼する体質にする効果があります。美容を考えて痩せたいダイエッターには嬉しいですね。
疲労回復効果
アスタキサンチンは活性酸素の攻撃によって生じる疲労回復に優れた効果があります。その上、疲れにくく体質になって持久力が高まるので、多くのスポーツ選手がアスタキサンチンを栄養メニューに取り入れています。
アレルギー改善効果
アスタキサンチンにはヒスタミンの分泌量を抑制し発生を減少させる効果があります。アスタキサンチンは花粉症やアトピーなどのアレルギー症状改善に効果があります。
ストレス対策
アスタキサンチンはストレスによる悪影響から体を守る効果があります。現在人は特にストレスが多いと言われていますので、アスタキサンチンのような抗酸化物質の摂取が必要不可欠です。
加齢臭対策
アスタキサンチンには加齢臭の原因であるノネナールという物質の発生を抑える作用があります。アスタキサンチンで加齢臭対策を始めましょう。
脳機能改善効果
アスタキサンチンには脳機能を改善する効果があると言われています。認知症やパーキンソン病の症状を改善します。アスタキサンチンはこれからの高齢化社会に益々必要になってきますね。
動脈硬化抑制効果
アスタキサンチンの抗酸化作用は活性酸素を除去し、LDLコレステロールの酸化を防止して血管を若々しく保つことができるので、動脈硬化を抑制する効果があります。
糖尿病予防
アスタキサンチンの優れた抗酸化作用は糖尿病予防にも効果があります。
がん予防
アスタキサンチンの抗酸化作用は、活性酸素を消滅させることでガン細胞の増殖を抑制する力があります。
眼精疲労回復効果
アスタキサンチンは眼の組織に発生した活性酸素の働きを防御し眼の老化や眼病の発生リスクを低減する働きがあります。
抗炎症作用
アスタキサンチンには抗炎症作用があります。アスタキサンチンの抗炎症効果で病気になりにくい体質を作ることができます。
かゆみ防止効果
アスタキサンチンは、ヒスタミンの発生を抑え、すでに体内にあるヒスタミンを無毒化する作用があるため、アトピー性皮膚炎などのかゆみ防止に役立ちます。
メタボ改善効果
アスタキサンチンにはアディポネクチンの分泌を増やす作用があるため、アスタキサンチンを摂取することでメタボ体質の改善に役立ちます。

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品