アスタキサンチン 食品 摂取

アスタキサンチン 食品と摂取記事一覧

アスタキサンチンを多く含む食品

アスタキサンチンは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。カロテノイドには多くの種類があり、リコピンやルティン、βカロテンなどが有名です。それらのカロテノイドをはるかにしのぐ健康成分として注目されているのがアスタキサンチンです。アスタキサンチンは、サケ、赤い色をした魚全般、イクラやスジコなどの魚...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンと鮭

塩鮭、新巻(あらまき)鮭、鮭茶漬け・・日本人にとって鮭は毎日魚売り場でみかける身近な魚です。その鮭は、群を抜いた強い体力を持つ魚だというのを知っていますか。鮭のパワーは、あらゆる抗酸化物質の中でも最も強力なアスタキサンチンによるものだと言われています。アスタキサンチンは鮭が食べる藻に含まれています。...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンとイクラ

アスタキサンチンは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、活性酸素を補殺する力はビタミンEの500倍とも言われています。ビタミンAを野菜から摂るよりはるかに少ない量のアスタキサンチンを摂るだけで、同等かそれ以上の効果を得ることができることになります。アスタキサンチンを多く含む食品の一つにイクラが...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンとエビ・カニ

アスタキサンチンはエビやカニに多く含まれています。身の部分にもタンパク質と結合して存在しますが、特に多く含まれているのは甲羅の部分です。エビやカニを茹でると赤くなるのはアスタキサンチンが発色するためです。強い抗酸化作用のあるアスタキサンチンを甲殻類から摂取するには、殻ごと食べるのが効果的です。カニの...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンとヘマトコッカス藻

アスタキサンチンは、微生物やプランクトンが含む赤い色素で、それを鮭やエビ、カニなどが捕食します。人間を含む生物はアスタキサンチンを体内で合成することはできないので、藻類やプランクトンを食べた生物を食べなければアスタキサンチンを摂取することができません。しかし、それではアスタキサンチンの摂取量に限界が...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンの上手な摂取方法

アスタキサンチンは、非常に強い抗酸化作用を持つ栄養素で、サケやイクラ、マスなどの魚介類やエビやカニなどの甲殻類に多く含まれています。活性酸素の中でも最も毒素が強いと言われる一重項酸素の働きを阻止するパワーは、ビタミンEの500倍、βカロチンの40倍もあるので、ごく少量を摂取するだけでも充分効果を発揮...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンの摂取量

アスタキサンチンの適切な摂取量は、1日2mg〜6mgであると言われています。この量は、1日に必要な量だとも言われており、例えば「サケの切り身を2切れ程度」や「イクラを100g程度」食べれば体内に摂り入れる事ができるのです。ですが実際には、それだけの量を毎日食べるというのは困難なもので、慢性的に不足し...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンとビタミンC

アスタキサンチンは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドと呼ばれる色素の一種で、ビタミンCと一緒摂取すると吸収率が上がると言われています。ビタミンCは、抗酸化ビタミンと呼ばれるほど強い抗酸化作用を持っています。紫外線から肌を守りコラーゲン組織の損傷を防ぐ働きがあるので、美肌を維持する上で欠かせない栄養素...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品