アスタキサンチン 食品

スポンサードリンク

アスタキサンチンを多く含む食品

アスタキサンチンは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。カロテノイドには多くの種類があり、リコピンやルティン、βカロテンなどが有名です。

 

それらのカロテノイドをはるかにしのぐ健康成分として注目されているのがアスタキサンチンです。アスタキサンチンは、サケ、赤い色をした魚全般、イクラやスジコなどの魚卵など、私たちが普段目にする食品に含まれています。カニやエビなどの甲殻類は、甲羅に特に多くのアスタキサンチンを含んでいます。

 

これらの生物は、生まれつきアスタキサンチンを体内に持っていたわけでなくアスタキサンチンを含む藻類や微生物を大量に食べた結果体内にアスタキサンチンを蓄積するようになったのです。サケの身がピンク色をしているのも、イクラが赤い色をしているのもアスタキサンチンによる発色です。カニやエビが生きている時は褐色がかっているのに茹でると鮮やかな赤になるのは、タンパク質と結合していたアスタキサンチンが分離して本来の発色をするからです。

 

アスタキサンチンは、今まで発見された中でも最も強力な抗酸化作用を持つ物質の一つとして、老化防止や体力維持、脂肪燃焼、動脈硬化の予防、アレルギー症状の緩和など、さまざまな効能が認められています。

 

食品から摂取する場合は、赤い色をした魚介類を意識して摂りましょう。エビは、甲羅にアスタキサンチンが多く含まれているので小エビを殻ごと食べるのがお勧めです。ミルを使ってふりかけなどの保存食品を作っておけば便利です。ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われるアスタキサンチンを含んだ食品を摂ってサビを溜めない体になりましょう。

スポンサードリンク

アスタキサンチンを多く含む食品関連ページ

アスタキサンチンと鮭
日本人が大好きな魚、鮭。アスタキサンチンは鮭に多く含まれています。アンチエイジングや美容や健康に鮭を食べましょう。
アスタキサンチンとイクラ
イクラにもアスタキサンチンが含まれています。親の鮭からしっかりと引き継がれたアスタキサンチンは、イクラからも吸収できるのです。
アスタキサンチンとエビ・カニ
エビやカニなどの甲殻類にもアスタキサンチンは多く含まれています。毎日の料理にエビヤカニを使ってアスタキサンチンを摂取しましょう。
アスタキサンチンとヘマトコッカス藻
アスタキサンチンを最も効率よく摂取できる食品がヘマトコッカス藻です。サプリなどでアスタキサンチンの摂取を考えている人はヘマトコッカス藻から抽出したものを選ぶとよいでしょう。
アスタキサンチンの上手な摂取方法
アスタキサンチンの上手な摂取方法について書いています。食品で補えないときはサプリなどで摂取することをお勧めします。
アスタキサンチンの摂取量
アスタキサンチンはどのくらい摂取すれば良いのでしょうか?サプリから効率的に摂り入れることもできますが、天然のアスタキサンチンを食事から摂り入れるのが一番ですね。
ビタミンCで吸収率アップ
アスタキサンチンはビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。鮭やエビと一緒にキャベツやレモンなどの野菜を摂ればよいでしょう。

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品