アスタキサンチン ヘマトコッカス藻

スポンサードリンク

アスタキサンチンとヘマトコッカス藻

アスタキサンチン,ヘマトコッカス藻,食品,摂取

アスタキサンチンは、微生物やプランクトンが含む赤い色素で、それを鮭やエビ、カニなどが捕食します。人間を含む生物はアスタキサンチンを体内で合成することはできないので、藻類やプランクトンを食べた生物を食べなければアスタキサンチンを摂取することができません。

 

しかし、それではアスタキサンチンの摂取量に限界があります。アスタキサンチンには強い抗酸化作用がありますが、鮭の切り身に換算すると、100gの鮭を毎日摂らなければ充分な量を摂ることができないのです。

 

バイオテクノロジーの進歩のおかげでアスタキサンチンの人工合成も可能です。しかし、最近は自然志向の強まりと共に石油などを原料として人工合成したものではなく、自然に存在する微生物からアスタキサンチンを抽出する研究が盛んに行われるようになりました。

 

最も効率良く安定してアスタキサンチンを抽出することができるのがヘマトコッカス藻です。ヘマトコッカス藻は、単細胞の藻類で、普段は緑色をしていますが紫外線を浴びるとアスタキサンチンを合成して赤くなります。

 

アスタキサンチンは、活性酸素が原因となる病気の予防や老化予防などに大きな期待のかかる物質です。あらゆる病気の9割以上は何らかの形で活性酸素が影響を与えているというデータがあります。

 

ヘマトコッカス藻から抽出された自然由来のアスタキサンチンは、他のビタミン類とは比較にならないほど強力な抗酸化作用を持っています。アスタキサンチンをサプリで摂ろうと考えている人は、ヘマトコッカス藻のように安全性の高い原料から作られていることを確認すると良いでしょう。


スポンサードリンク

アスタキサンチンとヘマトコッカス藻関連ページ

アスタキサンチンを多く含む食品
アスタキサンチンを多く含む食品について解説しています。鮭やカニ、エビなどの海の幸が持つ栄養素です。
アスタキサンチンと鮭
日本人が大好きな魚、鮭。アスタキサンチンは鮭に多く含まれています。アンチエイジングや美容や健康に鮭を食べましょう。
アスタキサンチンとイクラ
イクラにもアスタキサンチンが含まれています。親の鮭からしっかりと引き継がれたアスタキサンチンは、イクラからも吸収できるのです。
アスタキサンチンとエビ・カニ
エビやカニなどの甲殻類にもアスタキサンチンは多く含まれています。毎日の料理にエビヤカニを使ってアスタキサンチンを摂取しましょう。
アスタキサンチンの上手な摂取方法
アスタキサンチンの上手な摂取方法について書いています。食品で補えないときはサプリなどで摂取することをお勧めします。
アスタキサンチンの摂取量
アスタキサンチンはどのくらい摂取すれば良いのでしょうか?サプリから効率的に摂り入れることもできますが、天然のアスタキサンチンを食事から摂り入れるのが一番ですね。
ビタミンCで吸収率アップ
アスタキサンチンはビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。鮭やエビと一緒にキャベツやレモンなどの野菜を摂ればよいでしょう。

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品