アスタキサンチン 摂取量

スポンサードリンク

アスタキサンチンの摂取量

アスタキサンチンの適切な摂取量は、1日2mg〜6mgであると言われています。
この量は、1日に必要な量だとも言われており、例えば「サケの切り身を2切れ程度」や「イクラを100g程度」食べれば体内に摂り入れる事ができるのです。
ですが実際には、それだけの量を毎日食べるというのは困難なもので、慢性的に不足しているという人がほとんどなのです。

 

アスタキサンチンは、体内に摂り入れると、必要に応じてビタミンAに変わる事が知られており、ビタミン不足と言われている日本人には非常に深刻な問題となっています。
このように、食事から毎日欠かさずアスタキサンチンを必要な量だけ摂取するという事はとても難しく、そのため、多くの人はその適切な摂取量を満たすために、サプリメントなどを利用しているようです。

 

また、食事からアスタキサンチンを摂取する場合、摂取量が過剰になったとしても心配する事はないのですが、サプリメントなどを利用する場合には、容量は守った方が安全と言えます。
もちろん、サプリメントを利用して摂取量が過剰となった場合も、副作用などは報告されていませんが、しかし絶対に安全だと言える保証がない以上、用法や用量は守って使用しなければなりません。

 

特に、持病を抱えている人や妊娠中など、体が本来の状態でない場合には、使用を控え、できるだけ食事から摂取できるよう心掛けるようにしてください。
食事で得られる天然のアスタキサンチンなら、安心が約束されているからです。

スポンサードリンク

アスタキサンチンの摂取量関連ページ

アスタキサンチンを多く含む食品
アスタキサンチンを多く含む食品について解説しています。鮭やカニ、エビなどの海の幸が持つ栄養素です。
アスタキサンチンと鮭
日本人が大好きな魚、鮭。アスタキサンチンは鮭に多く含まれています。アンチエイジングや美容や健康に鮭を食べましょう。
アスタキサンチンとイクラ
イクラにもアスタキサンチンが含まれています。親の鮭からしっかりと引き継がれたアスタキサンチンは、イクラからも吸収できるのです。
アスタキサンチンとエビ・カニ
エビやカニなどの甲殻類にもアスタキサンチンは多く含まれています。毎日の料理にエビヤカニを使ってアスタキサンチンを摂取しましょう。
アスタキサンチンとヘマトコッカス藻
アスタキサンチンを最も効率よく摂取できる食品がヘマトコッカス藻です。サプリなどでアスタキサンチンの摂取を考えている人はヘマトコッカス藻から抽出したものを選ぶとよいでしょう。
アスタキサンチンの上手な摂取方法
アスタキサンチンの上手な摂取方法について書いています。食品で補えないときはサプリなどで摂取することをお勧めします。
ビタミンCで吸収率アップ
アスタキサンチンはビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。鮭やエビと一緒にキャベツやレモンなどの野菜を摂ればよいでしょう。

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品