サプリメントのラベルの見方

スポンサードリンク

サプリメントのラベルの見方

日本では、サプリメントは食品に分類され、農林水産省が定めたJAS法に基づいて名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、製造業者等の氏名又は名称及び住所を明記することが法律で定められています。

 

「あれ?何かが足りないゾ!」と思いませんか。そう、肝心の栄養成分に関する表記は義務付けられていないのです。サプリメントのラベルをチェックする際には、メーカーが自主的に表示する栄養成分をチェックするのを忘れないようにしましょう。

 

まず注目すべきポイントは原材料名です。天然の食品を原材料にしている場合は、食品名が記載されます。ビタミンCというように栄養素の名前が記載されている場合は化学合成された原料を使用している可能性があります。天然成分だけで作ったことを売りにしているような場合は問題です。

 

アスタキサンチンのサプリを選ぶ場合は、原材料名にアスタキサンチンと記載されているものではなく、ヘマトコッカス藻などのように原料名が書いてあれば天然成分で作られているといえるでしょう。

 

原材料がわかっても、そのすべてが健康に役立つとは限りません。栄養成分表示を見ることで、初めてどんな栄養素がどの位含まれているかがわかります。公式ホームページなどで説明している通りの分量が配合されているか、錠剤やカプセル1粒あたりの重さに対して栄養成分が少なすぎないかなどをチェックしましょう。

 

最近では海外から直接サプリメントを輸入して国内販売する業者が現れていますが、そのようなサプリメントは日本の法律の規制外の規格で製造されているので、成分や濃度にJAS法が適用されません。中には日本で使用が禁止されている薬物を配合したサプリメントもあるので、並行輸入の健康補助食品の入手を検討している人は充分注意してください。

スポンサードリンク

サプリメントのラベルの見方関連ページ

良いサプリメントを選ぶためのポイント
良いサプリメントを選ぶためのポイントについて書いています。これからサプリを購入する方の参考になれば幸いです。

 
基礎知識 効果と効能 食品と摂取 サプリと化粧品